今日の福音

稲川神父の説教メモ

2024年3月3日
四旬節第3主日  ヨハネ2:13~25

 今年は典礼暦年のB年にあたり、マルコ福音書が主日のミサの福音朗読に用いられます。そしてA年はマタイ福音書、C年はルカ福音書が主に朗読されます。それではもう一つのヨハネ福音書はいつ読まれるのでしょうか? ヨハネ福音書は四旬節や復活節の主日に登場します。今日はイエス様の神殿の清めと呼ばれるエピソードですが、受難と復活に深く関連した箇所なのです。

 当時のエルサレムの神殿は、「聖なる場所」でありながら「市場や銀行のような場所」でもありました。イスラエル全土から祈りのためにやってくるユダヤ人が捧げ物とする羊や牛、鳥などを持ってくることはできません。そこで、神殿の境内には牛、羊、鳩などを売る人々がおり、また犠牲となるこれらの家畜の肉の残りを食品として卸している人々もいました。また、「神殿・聖所」への献金は外国の通貨を用いることが出来ず、イスラエルの通貨である「シェケル」への両替が必要でした。これらの商売に携わる人々には「祈りの家」ではなく「商売の場所」になっていました。イエス様は過激な言動で神殿を清めます。

 しかし、よく見ると、イエス様の怒り方には違いがあります。牛や羊という立派な供え物を売っている人たちに対しては「牛や羊を境内から追い出し」ます。手間はかかりますが牛や羊を失ってしまうことはありません。しかし、両替商の金をまき散らされては誰のお金か、それを後で明らかにするのは大変なことだと思います。交換レートをいくらでもごまかすことの出来たこの人々のあくどさにはイエス様は妥協しません。しかし、鳩のように「貧しい人々のささやかな捧げ物」を売っているささやかな商売をしていた人々には、ことばだけで説諭しています。

 イエス様の怒りの根源、動機は「父なる神への思い」でした。ヨハネ福音書だけが、神殿を「祈りの家(マタイ、マルコ、ルカ)」と呼ばず、「父の家」とイエス様が語ったと記しています。さらにヨハネ福音書だけに「この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる」とイエス様が宣言されたことが記されています。「三日で建て直す」とは後に弟子たちはイエス様が復活について言われていたのだと悟ります。イエス様がこのようなことをなさったのは、父の家=祈りの家であること、神殿とは建物ではなく「父なる神と人々が出会い、祈り・感謝・賛美のために集う場所であること」を明らかにするためであり、イエス様こそ、父なる神と人々とが出会う「場」であることを宣言するためでした。

【祈り・わかちあいのヒント】
*神様に出会うために心の中から追い出さなければならないことは?

2024年2月25日
四旬節第2主日  マルコ9:2~10

 毎年、四旬節の第2主日には、ご変容の箇所が朗読されます。この変容の箇所は8月6日の「主の変容」の祝日にも朗読されるもので、1年に必ず2回、わたしたちは変容の福音を耳にするのです。それだけ重要なメッセージが含まれているのです。エスドレロン平野の東部にぽつんと立っているタボル山がご変容の行われた山と言われています。今日でもタボル山の頂上にはご変容を記念する教会が建っています。その聖堂の内部には、4つの壁にモザイク画が飾られています。そこにはイエス様の4つの姿が描かれています。小羊の姿、ご聖体の姿、十字架の姿、復活の姿だったと思います。

 イエス様が十字架にかかって死ななければならないこと、しかし、3日目に復活することを弟子たちに話されましたが、弟子たちはこれを受けとめることができませんでした。それゆえ、3人の弟子、ペトロ、ヤコブ、ヨハネを連れて山に登りました。そして、そこで、人の子であるイエス様が「神の子」としての栄光、すなわち十字架の後に現れる復活の栄光の姿をお見せになったのです。その素晴らしさは、ペトロのことばに表れているように「もう、どこにも行きたくない、ここに留まるために家を建てましょう」と言わしめるほどでした。しかし、雲の中から響いた声は、「これはわたしの愛する子、これに聞き、従いなさい」という内容でした。このことばは、神様の救いの計画が十字架にあることを意味しており、イエス様は、十字架を負ってご自分の後に従いなさいと命じられています。

 このご変容の出来事の大切なメッセージは、次のことにあります。

イエス様は様々な姿でわたしたちの前におられる。
わたしたちは3人の弟子たちのようにイエス様の素晴らしい栄光の姿を垣間見ることがある。
しかし、わたしたちはイエス様の素晴らしさの全体をまだ知らない。
それゆえに、わたしたちはさらに前に進まなければならない。
イエス様が十字架を避けなかったように、わたしたちも自分の十字架を引き受けなければならない。
*マルコは特にイエス様の白さを強調しています。わたしたちの心の中にある闇、かげりを照らす光であるイエス様と今日新たに出会いましょう!

【祈り・わかちあいのヒント】
*わたしはイエス様との出会いによってどのように変わったでしょうか?
*わたしたちが「今のままでよい」と思っても、イエス様は一歩先へと進んで行こうとされるのでは?

2024年2月18日
四旬節第1主日 マルコ1:12~15

 いよいよ四旬節が始まりました。この40日は、ノアの方舟の出来事、40年の荒野の旅、イエス様の40日の荒野での試練と私たちを結びつけるのです。マルコ福音書はマタイ・ルカと異なり、ごく短い報告にとどめています。しかし、その特徴として「その間、野獣と一緒におられたが、天使たちが仕えていた」という記述がマルコ福音書だけに記されているのです。これはイエス様の洗礼と荒野の試練が第2のエジプト脱出として描かれているのです。

 最初のエジプト脱出ではイスラエルの民は野獣の住む荒野に導かれ、40年の間そこに留まり、試みを受けました(申命記1〜4章、32章10節)。ヨルダン川の水から上がったイエス様にとっては、「荒野」は「野獣と住み、天使に仕えられる」場所でした。

 それはイザヤ11:6に記されているメシアの時の到来を暗示しています。「狼は小羊とともに宿り、豹は子山羊と共に伏す。子牛は若獅子と共に育ち、小さい子供がそれらを導く。牛も熊も共に草をはみ、その子らは共に伏し、獅子も牛も等しく干し草を食らう。乳飲み子は毒蛇の穴に戯れ、幼子は蝮の巣に手を入れる」。イエス様は新しい天と地の秩序をもたらす方なのです。

 イエス様がともにおられれば、荒野も天使の仕えるところとなるのです。私たちの世界にもサタンや野獣が住んでいるのではないでしょうか。毎日の新聞やニュースには数多くの不幸な出来事や犯罪が満ちています。さらには私たちの心の中にも、時としてサタンや野獣が忍び寄って来ることがあります。

 自分の弱さを知っているならば、今こそイエス様の呼びかけである「福音」に耳を傾けなければなりません。今がその時なのです。四旬節は元来、洗礼志願者の準備期間が発展して、現在の形になったものです。毎年、この時期には、既に洗礼を受けている人々が自分の信仰の出発点である洗礼を新たに受ける気持ちで過ごすことが大切なのです。

 もう一度、学び直すチャンスなのです。この40日間を漠然と過ごしてしまうのではなく、イエス様とともに、荒野であれ、野獣がいるところであれ、歩んでゆくのです。「時は満ちた。神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じる」時が来ているのです。

【祈り・わかちあいのヒント】
*今年の四旬節をどのように過ごすつもりですか?

2024年2月11日
年間第6主日 マルコ1:40~45

 旧約聖書レビ記13章には、ハンセン病(皮膚病)についての当時の医学的知識が並べられています。重い皮膚病にかかってしまった人たちを当時のラビたちは生きたしかばねと見なし、この病からいやされるのは死者がよみがえるのと同じくらいに難しいと考えられておりました。

 一人の重い皮膚病を患っている人がイエス様のもとにやって来て、ひざまずき願いました。「御心ならば、わたしを清くすることがおできになります」。いやしのエピソードにおいては、いやしを求める人々のイエス様に対する信仰・姿勢・信頼・心の動きを洞察しなければなりません。彼らの信仰がイエス様に近づき、イエス様はそれに答えてくださったのです。マルコ福音書においては特に、このイエス様への信仰をもって近づかなければイエス様もその持っておられる力を発揮できないことが強調されています。マルコ6:1〜6には故郷ナザレの人々の不信仰のゆえに、驚かれ、奇跡を行うことが出来なかったと記されています。

 ですから、今日の福音の箇所に登場するこの人の姿勢は、見事にイエス様への信頼・信仰を表していました。「ひざまずく」という姿はもっとも真剣な祈りの姿であり、また「み心ならば」ということばは要求ではなく、あわれみを請う心であり、「み旨のままに」という全面的な信頼を表しています。

 翻訳ではイエス様のお答えのことばが「よろしい。清くなれ」となっていますが、別の翻訳では「わたしは望む。清くなれ」(フランシスコ会訳)ということばになっており、イエス様がその人の「御心ならば=お望みならば」ということばに呼応してお答えくださっていることがより鮮明になっています。この病気にかかってしまったらもはや家族とも仲間とも生活することが出来ず、仕事や社会からも隔てられてしまいます。人と人とが一緒に生きられないその壁、隔たり、障害をイエス様は取り除くために来られたのです。(エフェゾ2:12〜22)

 私たちを生きられなくしている隔たり、妨げ、それは私たちの心の中に、いろいろな形であるのです。イエス様に近づき、イエス様に願い、イエス様に触れていただく時、私たちの心は清くなることが出来るのです。

【祈り・わかちあいのヒント】
*わたしたちが「み心にかなうならば」と望んでいることは何でしょうか?

2024年2月4日
年間第5主日  マルコ1:29~39

 今週の福音は先週の続きで、イエス様の「カファルナウムでの1日」が語られます。会堂という公の場所においてイエス様の持つ神の子としての権威と力が示されました。そしてその会堂から、今度はペトロの家という「家庭・家族」の中にもイエス様の力が現わされます。会堂とペトロの家という2つの場所は、イエス様の教えが「会堂」という場所に限定される信仰ではなく、日常生活の隅々にまで及ぶものであることを示していると思います。

 ペトロの家にはヤコブやヨハネたちも一緒に行きました。ペトロとヤコブたちが近所の友人であるからというよりも、「イエスの弟子たち」という使命にもう気が付いていたからではないでしょうか。ペトロの家には病人がいました。ためらうことなくイエス様がその手をとって起こされると、その女性はすぐにいやされ、すぐにもてなしを始めたと聖書は記しています。今、すぐに起き上がって歩み出すことは、イエス様の福音を信じた人々の心の中に起こる回心を表していると思います。信じた人は直ちに行う人となるのです。

 1日が終わり日が暮れても、町中の人々がペトロの家にやってきます。イエス様の活動には休みがありません。しかし夜が明けるころ、イエス様は一人で祈りに出かけます。ペトロたちは、いつイエス様が出かけたのか気がつかなかったようです。そこで、「イエスの後を追い」と記されています。彼らは何を手掛かりにイエス様の後を追ったのでしょう。「先生はどこにゆかれたのだろう?」「先生ならば、きっと祈るために出かけたに違いない!」「祈るためにふさわしいところとはどこだろう?」ときっとこんなことを言い合いながらペトロたちはイエス様を捜し回ったのかもしれませんね。

 イエス様を捜し当てたペトロは言っています。「みんながあなたを捜し求めています」と。ペトロが言ったことばは深い意味を持っていると思います。人生に疲れた人、助けを求める人、生き方に悩んでいる人、すべての人がイエス様に光、いやし、道を求めているという意味ではないでしょうか。

 イエス様はペトロたちに答えて言われます。「近くの町や村へ行こう。そこでもわたしは宣教する」と。イエス様が来られたのは「宣教」のため、今もイエス様はこの町、この家庭を訪れて、その教え、その力を現わそうとしておられるのです。信じる人々が立ち上がるために、人々に仕えるようになるために、今日もイエス様は「宣教する」と宣言され、わたしたちに近づいて来られるのです。

【祈り・わかちあいのヒント】
*宣教するのは誰でしょうか? わたしorイエス様、イエス様とわたしたち?