Home > イベント > ダイアリー

ダイアリー

diary20170903ohnishi-1.png

9月3日、10年前にイエズス会修練士として関町教会に来られて当時の中高生会で活動を共にしてくださり、今月24日に司祭叙階をお受けになる大西助祭をお迎えして、ミサが捧げられました。
diary20170903ohnishi-2.png以前と変わらぬ若々しいお姿で祭壇に立たれた大西助祭は、この日の福音に基づき、自分の十字架を担うということの意味を語りかけられました。平凡な日常の生活の中で生じる、小さなたくさんの「忍耐」が私たちの受難であり、それを神さまのために引きうけるということ。大きなことではなくとも、小さな「忍耐」の連続をとおして信仰を証し神さまを賛美することができるというお話から、私たちの日常のあり方を改めて考える機会となりました。
そしてミサの最後は、「私たちの生き方をとおして主を賛美いたしましょう」との言葉で締めくくられました。

diary20170903-1.png

9月3日、この時季恒例の「福島やさい畑」直売会がテレジアホールで行われました。
夜明け前の福島を出発、朝5時に関町に到着した、桃、ぶどう、とうもろこし、トマトにきゅうりなどの野菜やくだもの。
今回は、バジルや大葉も初お目見え。
採れたての野菜はまず香りが違います。
直売会を楽しみにしてくださっている方も多く、いつものように昼前には完売しました。
diary20170903-2.png


diary20170806-1.png

8月6日、「近代カトリック教会史」を学ぶ学習会「歴史の小道」日曜版が開かれました。
「長崎での信徒発見」から150年を記念するミサが各地で行われたのは記憶に新しいところですが、今年は、その「発見」の2年後に起きた浦上信徒流配事件「浦上四番崩れ」から150年にあたります。5回目となる今回の勉強会では、「旅」と呼ばれるその一連の出来事について時代背景とともに学びました。
diary20170806-2.png幕末、諸外国との条約締結から維新へと時代が向かうなか、長崎の信徒たちは禁教下で秘密教会を組織していました。しかしそれが発覚し捕えられます。特に浦上では大勢が検挙され、拷問を受けて「改心」するものもいる一方で、一途に信仰を守り抜こうとした人々がいました。そして各国公使の幕府への再三の抗議にもかかわらず弾圧は続き、3000人を超える信徒が、萩・津和野を始めとする西日本各地へと流罪に処されます。

ところがその浦上信徒たちの「旅」は、「邪宗」のものと恐れてきたキリシタンが自分たちと変わらぬ人間であったと一般民衆たちの誤解を解くことにつながり、さらに流刑の地でどんな拷問を受けようとも屈することのないゆるぎない信仰態度が為政者に説諭不可能の思いを抱かせることになります。やがて岩倉使節団の欧州視察と相まって、キリシタン禁制の高札は撤去、キリスト教は黙許されることになります。

浦上信徒の「旅」は「信教の自由獲得の旅」「宣教の旅」でもあったと締めくくられました。


<< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12