Home > イベント > ダイアリー

ダイアリー

diary20180128-01.png

5年前に日本カトリック神学院1年生として日曜日をともに過ごしてくださった上田助祭と高山助祭が、1月28日、関町教会にまた来てくださいました。今回は5年前にはいらっしゃらなかった李助祭も一緒です。
diary20180128-02.png 当時、交流会のためにとお菓子を作ってきてくださったり、慶老会で落語を披露してくださったことなどが、懐かしく思い返されました。
この日は稲川神父さまとともにミサをたててくださり、お説教も。たくさんの勉強をなさり、たくさんの経験を積まれて司祭としてのスタートラインに立とうとされている今、そのお姿はきらきらと輝いているようでした。
これからそれぞれの派遣の地でお元気でご活躍なさることを心からお祈りしています。

diary20180128-03.png


diary20180114-02.png

昨年4月以来、主日をともに過ごしてくださった日本カトリック神学院初年度生の皆さんの来訪も1月14日が最後となりました。
主日のミサではプレディカチオや聖体奉仕、朗読奉仕などをしてくださり、教会学校の通常クラスや教区のこどものミサなど、こどもたちとの関わりも多かった関町教会での1年を振り返り、
「1週間のうちでも楽しみな時間でした」
「教会というのは楽しいところなのだと再確認しました」
「プレディカチオの準備のための黙想をとおして気づくことがありました」
などの感想が語られました。
来年度からはそれぞれ別の教会に派遣される5人の神学生の皆さん。またいつでも関町においでください。

diary20180114-01.png


diary20180107-1.png


1月7日、ミサの中で成人式が行われました。責任ある社会人として人生を歩む中で、たとえ試練に遭ったとしても神さまの導きを求め祈り続けることができるよう、皆で心を合わせお祈りを捧げました。新成人8名のうち、1名だけの出席となりましたが、幼い頃から彼女を知るたくさんの信徒の温かな拍手とお祝いの気持ちが聖堂に満ちていました。
ミサ後には新年会も開かれ、新たな一年への希望を胸に親睦を深めました。


diary20180107-2.png

diary20180107-3.png

<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11