Home > イベント > ダイアリー

ダイアリー

新聖堂建設プロジェクトの2017年の活動は、他教会の事例紹介から始まりました。
日本各地にある教会の聖堂はどのようなデザイン、構造になっているのか。窓はどんな形で、座席や照明はどんなものが採用されているのか。
実例として各聖堂の写真が信徒会館入口に展示されました。

3月19日には、プロジェクターでその画像を映し、内部全体、内陣、2階席、信徒席、入口、窓・天井などのカテゴリーごとに特徴を吟味するという催しが行われました。
場所も歴史も異なる数々の聖堂に、私たちの目指す伝統美と機能美のヒントがあったように思います。

diary20170319-01.png


diary20170319-1.png

3月19日、教会学校の修了式・卒業式がミサの中で行われました。この1年、それぞれのクラスで学んだり、キャンプに参加したり、また歌の練習をしたりと、教会でともに過ごしてきた子どもたち一人ひとりは、記念のメダルを神父様からかけてもらいました。
小学生クラスを卒業する子どもたちは、4月からは中高生クラスで聖書を勉強します。
そして中高生クラスを卒業する子どもたちはリーダーに。
「今まで受けてきたものを、与えていく人になっていきたい」との卒業生の言葉が心に残りました。
幼かった子どもたちがいつのまにか頼もしくなっていて、これからがますます楽しみです。

diary20170319-1.pngdiary20170319-2.png

diary20170122-1.png

2016年度の日本カトリック神学院初年度生のおふたりの見学参加が1月22日をもって終了しました。
この日、9時半ミサの終わりにお別れのセレモニーがありました。神学生のおふたりは、
「今年は二人だけの、しかも年とった神学生を迎えるということで初めは皆様も不安だったのではないでしょうか。私たちも不安でした。そのなかで、やさしく温かく迎えていただき、ありがとうございました」
「子どもたちから年配の方々まで皆様に引っ張っていただいて1年間を過ごすことができました。関町教会のことはずっと忘れません」
と、にこやかに語られました。教会からは子どもたちの描いた似顔絵、思い出のアルバム、ふたりの参加と奉仕への感謝のしるしとして手作りのポーチを贈呈。
これからもどうかお元気で、また来てください!

diary20170122-2.png

<< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16