Home > イベント > ダイアリー

ダイアリー

P3310162.png2018年のご復活の主日、3 月31日の復活徹夜祭(19時)には98名、4月1日9時半からの日中のミサには290 名が参集し、主の復活を迎えるミサの祈りに心を合わせました。稲川神父様がまとわれた、白地に金糸の色が映えるカズラに、主の復活の栄光と厳かさが感じられました。P4010168III.png日曜日は晴天で暖かく、ミサ後、ホールの席もいっぱいになり、春本番の雰囲気のなか、いつもの顔ぶれも新来のメンバーもともに、新鮮な挨拶と歓談で時を過ごしました。
今年の復活祭は一つ新しいことがありました。4年半前から始まった新聖堂建設を目指す計画(プロジェクト)を、さらに本格的に推進するための「新聖堂建設委員会」が4月1日付で発足したことです。これに合わせて神父様起草による「新聖堂建設のための祈り」が発表され、派遣の祝福の前に一同でささげました。関町教会の歴史と使命、主とともに生き続ける未来への決意と希望、幼きイエスの聖テレジア、聖フランシスコ・ザビエル、そして聖母マリアへの敬愛と信頼が込められた祈りを胸に、新しい一歩が始まりました。

newchurch_prayer2.png


20180327_0568_3.png3月15日9時半のミサの最後に、教会学校の卒業セレモニーが行われ、神父様から卒業生の一人ひとりに卒業証書が手渡されました。
今年の卒業生は、中高生クラスからの7人と、小学生クラスからの3人。
教会で日々その成長する姿を目にしていた子どもたちですが、この日はひときわ輝いて見えました。
遠くの学校に進学するため、4月から関町教会には来られない子もいます。
どこにいてもみんな神さまの子ども。聖霊に導かれそれぞれの道を歩み続けられるよう、祈っています。20180327_7070.png


diary20180218-01.png

2月18日の黙想講話のテーマは「愛情いっぱいにへりくだるキリストの心―尊者エリザベト・マリア北原怜子に学ぶ」。
前週はゼノ修道士について学びましたが、この日はコンベンツアル聖フランシスコ修道会谷崎新一郎神父様を講師にお迎えして、そのゼノ修道士と出会ったことで「蟻の街」に関わるようになった北原怜子さんの生涯について講話していただきました。
diary20180218-02.png裕福な家庭に生まれながらも、「蟻の街」に飛び込み、貧しい人々、特に子どもたちとともに生きた北原さん。その生涯を貫いていたのは、へりくだる心でした。
自分の中の弱さを見つめ、常に神さまの望みにかなっているかどうかを考え行動していた北原さんは、それほどの信仰をもちながらもそれを他人に押し付けることはなく、本当にやさしく柔和な方だったそうです。
どんな困難な状況にあっても希望を捨てず、「自分にとって大切なものを手放すことがイエスさまに近づくということ」「神さまのみ旨なら」と命をも捧げる決意をした北原さんの生き方を深く心に留めたいと思います。

diary20180218-03.png


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11