Home > イベント > ダイアリー

ダイアリー

20181118_001_300.png11月18日、子どもとともにささげるミサの中で七五三の祝福がありました。
神学生のおひとりは、子どもたちのために神学院の庭のイチョウの葉とぎんなんを使って、「新しい命」についてわかりやすくお話をしてくださいました。
祝福を受けたのは普段から仲のいいふたり。
これからも健やかに成長し、長い人生の中でさまざまな困難に出会っても強い心で乗り越えていけるよう、神さまの恵みを皆で祈りました。

20181118_002s.png


小春日和となった11月11日、関町教会では有志主催の秋のバザーが行われました。
開催時間前から門の前に並ぶご近所の方々もお迎えし、おでんにカレー、焼き鳥、おしるこに手作りパン、そして手芸品に雑貨・衣料・古書など、各コーナーでにぎやかなやりとりが見られました。富士ヨハネ学園の皆さんのテントではおいしい手焼きせんべい。このおせんべいを毎年楽しみにしている人もいます。
お馴染みの人も初めての人も、信徒会館内外のテーブルを囲んで和やかなひとときとなりました。

003_300_20181111.png
004_600_20181111.png

20181021_01iv.png朝方までの雨も上がり、さわやかな秋晴れとなった10月14日、関町教会では毎年恒例の慶老会が開かれました。普段はなかなか外出できない方も付き添いの方に伴われて9時半のミサに与り、ミサ後テレジアホールへ。今年は54名の参加となりました。
20181021_02ii.png稲川神父様は、フランシスコ教皇の訪日のご意向が報道されたことにちなみ、教皇ヨハネ・パウロ2世来日当時の思い出、東京でのミサの会場が後楽園球場に決まる前に、上智大学グラウンドから神宮外苑、横浜球場、果ては大井競馬場まで、さまざまに検討されていたエピソードを話されました。集まった方の中には37年前の教皇ミサに与った方もおられたことでしょう。

参加されたお一人お一人には神父様からお祝いのカードが手渡されました。その後、昼食、歓談の時間をともに過ごし、最後に「サンタ・テレジア」を皆で合唱し散会となりました。

20181021_03.png

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11